脱毛ラボホームエディション2ndの髭脱毛で直接冷却を体験レビュー

髭脱毛などで肌を直接冷却できる脱毛ラボホームエディション2(セカンド)が、2022年7月に新しくリリースされました。

痛みを感じやすい髭脱毛の部位も、照射面全体が冷える直接冷却で、肌を冷やしながら照射できるので痛みを抑えることができます。

ワキやスネなどの毛が濃い箇所も、保冷剤などで肌をいちいち冷やさなくて済むので脱毛が楽なんです。

付属のゴーグルもついているので、ヒゲ脱毛でフラッシュ光が瞬間的にまぶしい時に利用できます。

脱毛ラボホームエディション2ndは、45万回の照射ができるのでコスパが良く、好きな時に自分のペースで脱毛できるので便利です。

今回、最新型の脱毛ラボホームエディション2ndについて、髭脱毛の使い方の体験レビューやレーザーや初代機との違いなどあわせて紹介します。

脱毛ラボホームエディション2ndの髭脱毛で直接冷却を体験レビュー

脱毛ラボホームエディション2ndは、照射面全体が冷える直接冷却で肌を冷やしながら照射できるので、髭脱毛も楽に続けられます。

光脱毛やレーザー脱毛は、黒のメラニン色素に反応する光で毛根に熱でダメージを与えて脱毛するので、
髭脱毛では鼻の下や骨に近い薄い皮膚の箇所で、瞬間的に熱さや痛みを感じやすくなります。

最新型の脱毛ラボホームエディション2ndは、
照射面から冷たい光を発光できるので、皮膚の薄いヒゲの箇所でも光で熱や痛みを感じにくくなります。

脱毛ラボホームエディションの初代機は、照射面の外枠の金属フレームが冷たく冷える間接冷却になっています。

外枠が冷える間接冷却は光そのものは冷えないので、皮膚の薄いヒゲの箇所を照射したときに、瞬間的に光の熱を感じることがありました。

直接冷却は光そのものも冷えるので、皮膚の薄いデリケートな箇所や骨に近い箇所でも、光の熱を瞬間的に感じませんでした。

脱毛ラボホームエディション2ndとレーザーとの違いや特長は

家庭用脱毛器には、レーザー脱毛器と光脱毛器の2種類があります。

レーザー脱毛器で髭脱毛をする場合、一番低い出力レベルでも骨に近い皮膚の箇所で瞬間的に熱さや痛みを感じます。

レーザーの場合、保冷剤で冷やしながら照射しても痛みを感じやすいので、麻酔クリームを使わないと髭脱毛を続けるのが辛かったりします。

脱毛ラボホームエディション2ndは、直接冷却ができる光脱毛器なので、骨に近い皮膚も冷たく冷やせるので熱さや痛みを感じにくくなります。

一番低い出力レベルは美肌モードもかねているので、3か月くらい髭脱毛を続けると、髭が生えにくくなりツルツルした肌になってきます。

脱毛ラボホームエディション2ndは、冷やしながら痛くない髭脱毛をしたい方や美肌モードの併用で肌をツルツルにしたい方におすすめです。

脱毛ラボホームエディション2ndの最新型は、次の特長が挙げられます。

照射面全体が直接冷えるクリスタル冷却

初代の脱毛ラボホームエディションは、照射面の外枠フレームが5℃に冷える間接冷却でしたが、
脱毛ラボホームエディション2ndは、照射面の全体が5℃に冷える直接冷却なので、太い毛や骨に近い皮膚の薄い箇所も熱さや痛みを抑えられます。

冷却機能がない脱毛器では照射しながら肌を冷やせないので、保冷剤で肌をその都度冷やす必要がありますが、直接冷却ではその必要がなくなります。

脱毛サロンを超える照射パワー

脱毛ラボのサロンのマシン出力は3ジュール/cm2になりますが、脱毛ラボホームエディション2ndは3.3ジュール/cm2の照射パワーになっています。

照射回数も45万回の発光ができるので、1照射あたり約0.15円になるので1回の全身脱毛で1000発使用しても150円のコストで済むんです。

 

45万回も照射できちゃうのね♪ 

 

脱毛ラボホームエディション2ndの使い方は

脱毛ラボホームエディション2ndは、2つのボタンを押すだけで簡単に使えます。

脱毛ラボホームエディション2ndの使い方を、1分にまとめた動画でご覧いただけます。

はじめに、脱毛する前に伸びたヒゲやムダ毛を電気シェーバーなどで短く剃っておきます。

<脱毛ラボホームエディション2ndの使い方>

本体に電源プラグを差し込み、パワーボタンを長押しして電源を入れます。

次に、パワーボタンを押して照射レベル(5段階)を選びます。

冷却モードは、初期設定で自動になっています。

本体の照射面を肌に当てて、ショットボタンを押すと照射できます。

ショットボタンを長押しすることで、肌に当てると自動で照射する連射モードに切り替えられます。

肌が弱い方や脱毛器を初めて使用する際は、照射レベルが1番低い(美肌モード)から始めるのがおすすめです。

光脱毛では黒いメラニン色素に光が反応するので、ほくろなど絆創膏で隠して、光が直接当たらないように注意してください。

脱毛ラボホームエディション2ndは、冷却モードで肌を直接冷やしながら照射できるので、熱さや痛みを感じにくい脱毛が快適にできます。

脱毛ラボホームエディション2ndの違いを比較

脱毛ラボホームエディション2ndと初代のホームエディションとの違いを、赤文字で比較しています。

脱毛ラボホームエディション2ndは、照射パワーや照射回数が大幅にアップされ、直接冷却の新機能を搭載しています。

どちらも同じ価格なので、新機能が追加された脱毛ラボホームエディション2ndがお得になります。

お得な購入先は

脱毛ラボホームエディション2ndを安心してお得に購入できるのは、公式サイトになります。

公式サイトでは分割払いが利用できるので、クレジットカードや楽天ペイの24分割で、月々2,979円(手数料別途)で手に入ります。

公式サイトでメンバー購入すると、万一初期不良が生じても無償交換の保証が1年間ついてきます。

購入した後もカスタマセンターの電話サポートを受けられるので安心感も違います。

 

長く愛用するからメンバー購入なら安心ね♪ 

 

脱毛ラボホームエディション2ndのまとめ

最新型の脱毛ラボホームエディション2ndは、男性も似合うホワイト・ゴールド・ブラックの3色から本体カラーが選べます。

ヒゲやワキやスネなど毛の濃い箇所の脱毛では、照射しながら冷やさないと瞬間的な熱さや痛みを感じやすくなります。

特にヒゲ脱毛では、出力レベルが高くなるほど骨に近い肌の薄い箇所で熱さや痛みを伴います。

脱毛ラボホームエディション2ndは、照射面の直接冷却で肌を冷やしながら冷たい光を照射できるので、瞬間的な熱さや痛みも感じにくくなります。

レーザー脱毛器や冷却機能のない脱毛器の場合、保冷剤や麻酔クリームが必要になるので、その分手間もかかります。

脱毛ラボホームエディション2ndは、保冷剤などで冷やす手間がないので、ストレスなく快適に脱毛が続けられるのでおすすめです。

脱毛ラボホームエディション2ndを見てみる

コメントは受け付けていません。