AGAクリニックおすすめ5選!知らないと損する薄毛対策とは

薄毛や抜け毛が最近気になる・・・
20代から50代の男性で3人に1人女性では10人に1人が薄毛や抜け毛に悩んでいるといわれます。

薄毛・抜け毛の原因については、次の要因が挙げられます。

  • ストレスや睡眠不足、偏った食生活、飲酒、喫煙などによる影響
  • 過剰な皮脂分泌、加齢、皮膚疾患、紫外線による影響
  • 遺伝やホルモンバランスの崩れによる影響

特に、20代からの男性で若いうちから薄毛や抜け毛が気になるようであれば、
薄毛や抜け毛が徐々に進行してゆく脱毛症(AGA)の可能性があるので注意が必要です。

AGAとは何ですか?

AGA(エージーエー:Androgenetic Alopecia)は男性型脱毛症のことで、
しだいに細くて短い髪の毛が多くなり、抜け毛や薄毛が目立つようになってきます。

AGAは、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方または双方から薄毛がしだいに進行してゆくのが特徴で、
遺伝やAGAの原因となるホルモン物質のDHT(ジヒドロテストステロン)が関係するといわれています。

AGAは、薄毛がしだいに広がってゆく進行性の疾患なので、早めの治療が大切になってきます。

薄毛や抜け毛が気になり始めたら、早めに原因を知るためにも一人で悩まず、医師への相談をおすすめします。

まずは自己チェックしてみましょう !

抜け毛が気になりますか?

  • シャンプーやブラッシングした時の抜け毛や、枕元に残った抜け毛が多くなり気になる。
  • うぶ毛のような細くて短い毛が、多く目立つようになってきた。

いつごろから抜け始めましたか?

  • 思春期以降から抜け始め、徐々にうす毛が進行している。

どの箇所から抜け始めましたか?

  • 額の生え際が後退してきた。
  • 頭頂部の髪の毛が薄くなってきた。
  • 額の生え際と頭頂部の両方から抜け始めた。

家族に髪のうすい人はいますか?

  • 両親や兄弟や祖父母に髪のうすい人がいる。

もしどれか当てはまるなら、男性の場合AGAの可能性があるので要注意です。

抜け毛や薄毛の対策を選ぶとしたら?

・今ある髪の毛を強く、太くしたい
・今後の薄毛予防をしたい
 育毛剤などが挙げられます

・新たに髪の毛を生やしたい
・費用をおさえて増毛したい
➡ 発毛剤などが挙げられます

・確実に新しい髪の毛を生やしたい
・すぐに髪の毛を生やしたい
➡ AGA治療や植毛などが挙げられます

育毛剤・発毛剤・AGA治療薬の違いを教えてください

1)育毛剤(医薬部外品)

育毛剤は今ある毛を強く、太くすることで抜け毛予防の効果につながります。
間違えられやすいのですが、育毛剤は毛を生やすものではないんです。

医薬部外品は、ドラッグストアや通販で購入することができます。

2)発毛剤(第一類医薬品)

発毛剤は、毛を新たに発毛させる成分が入っています。
髪の毛の毛母細胞に働きかけて、発毛を促進させます。

第一類医薬品は、薬剤師がいるドラッグストアで購入することができます。

3)AGA治療薬(医療用医薬品)

医療用医薬品のAGA治療薬は、医師の判断のもと購入が可能になります。
内服薬と外用薬があり、通常の発毛剤(第一類医薬品)よりも成分が高いです。

医療用治療薬は副作用が強い場合があるので、医師の処方が必要になってきます。

女性100人のアンケートで薄毛についての印象は?

薄毛についての印象を女性100人にアンケートしているウーマンクラウドの集計では、

男性の頭髪の状態を気にかけている割合が63%
パートナーには薄毛対策をしてほしい割合が69%
薄毛の人に恋愛感情を持ったことがある割合が23%
薄毛対策をしている男性に好印象がある割合が81%

と、薄毛に対して不利な印象は否めません。

前向きに薄毛対策をしている男性には、8割の女性が好印象を抱いているので、
一人で悩まないで対処すれば、私もそうでしたが良い方向へ改善するので応援してます。

あなたに合った薄毛治療を見つけてみませんか?

薄毛やAGA(脱毛症)の治療には、
医療機関で処方される薬や、
薬局などで購入可能な医薬品や、
医療機関での自毛植毛などの外科治療があげられます。

医療機関で処方されるAGA治療は、自由診療になる場合が多いです。
自由診療では保険が適用されないので全額自己負担になります。

AGAは自分で判断せずに、医師の診断のもと適切な治療を受けることが、
手遅れにならないためにも重要なポイントといえます。

部分的に薄毛を隠せる人工毛などを併用すれば、周りに気づかれずに薄毛の治療を進められます。
AGAの症状が気になりだしたら、早めにAGA専門の医師に相談することをおすすめします。

AGAクリニックはどこがおすすめですか?

薄毛や脱毛症でお悩みの男性や女性の方に、おすすめの専門クリニックをご紹介します。
それぞれの専門クリニックの詳細は、紹介欄のバナーをクリックすると紹介記事でご覧になれます。

銀座総合美容クリニック(銀クリ)の紹介

クリニックで治療したいけど、効果があって安く費用をおさえたい男性の方や、
髪の分け目や生え際の気になる薄毛を、費用を抑えて治したい女性の方に、

お買い物やビジネス帰りに、銀座や新橋から通えるクリニックがあります。

内服薬の治療とあわせ、注射をつかわない痛みのない発毛治療の1回当たりの費用も、
どこよりも安く提供している、銀座総合美容クリニック(銀クリ)を紹介します。

銀座総合美容クリニックの紹介記事は、
下のバナーをクリック
↓↓↓↓


ヘアメディカル(Dクリニック)の紹介

シャンプーや育毛剤などの自己対策や皮膚科でも薄毛の症状が改善しない方や、
AGAに限らず、円形脱毛症や頭皮の炎症などで脱毛の症状を改善したい方に、
20年の実績で日本最初の頭髪専門クリニックのヘアメディカルがあります。

東京・名古屋・大阪・福岡で男性専門のクリニックと女性専門のクリニックを、
大学病院と連携する総合医療を行っており、過去に他院を受けた方で来院する方も多い
ヘアメディカルのDクリニックを紹介します。

ヘアメディカル(Dクリニック)の紹介記事は、
下のバナーをクリック
↓↓↓↓

AGAスキンクリニックの紹介

薄毛の症状が進行していて、早く確実に直したい方や、
地方でも専門クリニックで通院治療を受けたい方に、

発毛実感率が99%で、全国各地に50以上展開しているクリニックがあります。

薄毛の進行を止める低料金の治療コースから、オリジナルの発毛薬や日本で初めて、
注射を使わずに高圧エアで頭皮に注入する「ミノキジェット」の治療を導入している、
AGAスキンクリニックを紹介します。

AGAスキンクリニックの紹介記事は、
下のバナーをクリック
↓↓↓↓

G.グリーンクリニックの紹介

20代からの男性で、月1万円以下の料金でAGAの治療を考えている方や、
通院せずにスマホやパソコンからオンライン診療でAGAの治療を受けたい方に、
月9000円以下の費用でAGAの治療がオンラインの診療で受けられます。

AGA治療が専門のクリニックなので、男性の方が対象になりますが、
遠方にお住まいの方でもスマホやパソコンで、クリニックに一度も来院することなく、
初診からオンライン診療が受けられます。

治療にかかる費用は薬代のみで、カウンセリングや初診や再診の診察も無料で受けられる
G.グリーンクリニックを紹介します。

G.グリーンクリニックの紹介記事は、
下のバナーをクリック
↓↓↓↓


AGAヘアクリニックの紹介

男性や女性の薄毛の悩みで、クリニックに相談してみたいけれど、
住まいが遠かったり、仕事やプライベートの都合で通えそうもない方に、
スマホを使って女性も自宅で治療できるクリニックがあります。

対面診察とかわらないスマホの遠隔診療で、毎回来院しなくても、
スマホからの支払で治療薬も自宅に配送されるオンライン診療も選択できる、
AGAヘアクリニックを紹介します。

AGAヘアクリニックの紹介記事は、
下のバナーをクリック
↓↓↓↓

追記:おすすめ情報

お客様満足度98%の育毛剤とサプリ「イクオスEXプラス」の紹介

抜け毛や髪の生え際が気になり始めたら、症状が進行する前に抜け毛を抑えて髪の育毛ケアが大切です。
天然成分のエキスで抜け毛を抑えながら髪を太く育てる育毛剤のイクオスは男性や女性にもおすすめです。

イクオスは、育毛剤で初めてHVO世界大賞やモンドセレクション金賞を3年連続で受賞しています。
イクオスの育毛剤とあわせて育毛サプリを併用すれば、身体の内と外から高い相乗効果を期待できます。

育毛剤とサプリ「イクオスEXプラス」の紹介記事は、
下のバナーをクリック
↓↓↓↓

毛穴につまった汚れを落とす炭酸シャンプー「SIMFORT」の紹介

普段お使いのシャンプーで、頭皮のかゆみやべたつきが洗っても残るような時に期待できるのが、
炭酸のミクロの泡で、毛穴の奥から汚れを落とす頭皮(スカルプ)用の炭酸シャンプーです。

頭皮の過剰な皮脂分泌は髪の臭いの原因にもなるので、そんな時は炭酸シャンプーの併用がおすすめです。
加えて、炭酸の二酸化炭素の分子が、毛細血管に入り血行を促すので、頭皮の新陳代謝を高めてくれます。

炭酸シャンプー「SIMFORT」の紹介記事は、
下のバナーをクリック
↓↓↓↓

コメントは受け付けていません。